「利きネプロス」について

プロの方の満足を追求し、世界一のハンドツールを目指し進化を続けるKTCフラッグシップモデルのネプロス。

そんなネプロスの機能美や設計思想を外観からじっくり味わっていただくため、ネプロス探究家の匠 鏡子 (たくみ きょうこ)が「利きネプロスのお作法」をご紹介いたします。
本記事は過去に配信したネプロススクエアメールマガジンの内容を再録したものです。

ラチェットハンドル編 ~利きネプロス~

握把【にぎる】

何気なく 握っただけで フィットする くぼみのカーブの 心地よさかな

爪

ラチェットハンドルを前に呼吸を整え、ゆっくりと握ってみてください。くぼみに指をかけて…などと意識しなくても、ただ自然に握っただけで支えの指はくぼみに当たり、手のひらはハンドルのカーブに沿い、小指はゴムリングにかかっていませんか? 隅々まで貫かれたネプロスの設計哲学が究極の握り心地を実現しました。

・どこまでも手になじむ握り心地をお楽しみください。

天秤【つりあう】

グリップと ラチェットハンドル 天秤に かけて納得 バランスの妙

傾聴

ネプロスのラチェットハンドルは、グリップの太さのわりに重すぎないことにお気づきでしょうか? ラチェットヘッドとグリップがちょうどいいバランスになるよう、実は握り部分が空洞になっているのです。重すぎず、軽すぎず、最適バランスで作業はいつも快適です。

・やじろべえのようにつり合うポイントを探して、バランスの妙をお確かめください

傾聴【きく】

こんなにも 耳に心地の いい音色 耳で味わう 技術の高さ

天秤-1

今回の利きネプロスでは『聴き』ネプロスをお勧めしています。ラチェットヘッドを耳に近づけ、回してみましょう。明らかに今までのものとは違う、軽やかな美しい響きが鼓膜をくすぐります。それもそのはず、歯車の歯の枚数が違うのです。従来品の36枚ギアから90枚ギアへ。技術の生み出す音色と指先に伝わる感触をお楽しみください。

・速く、遅く、心ゆくまで音色に聴き惚れてください

爪車【つかう】

いままでは あきらめていた この瞬間 小さな送りで 回す快感

握把-1

歯車の枚数が違う、ということはそれだけ送りの角度が小さくなるということ。もう確かめずにはいられません。今までハンドルを振るスペースが無かったあの隙間にも、お手上げだったあの隙間にも。思わず「回せる!」と叫んでしまうことでしょう。

・ネプロスのソケットと併せて使っていただくと、より一層お楽しみいただけます
・ラチェット機構を日本語で「爪車」と言うこと、ご存知でしたか?

次回予告

次回は、「ネプロス大解剖」です。利きネプロスのお作法を用いながらネプロスの良いところ、スゴイところを、より深く掘り下げてご紹介してまいります。

メールマガジンのご登録

KTCでは、新製品やセール情報、秘話などをメールマガジンでお届けしています。
新規ご登録特典もございますので、この機会にぜひご登録ください。
詳しくは各メールマガジンのウェブサイトをご覧ください。

▶KTCファンクラブ・ネプロススクエア 
▶KTCオフィシャルショップ(会員登録よりご購読いただけます)